梅雨の合間の晴れた今日、午後から少しだけ行ってきました。
外気温が27℃と高めでしたので、先ずは酒匂川水系の支流へ入渓。

River Keepers

支流と言っても水温は20℃、しかし梅雨で微妙な増水で濁り無しという良コンディションに期待が高まりました。
水が良いと言っても水温は20℃超え、当然狙いは白泡中心です。
ルアーはパームス アレキサンドラAX-50HW ストリームシャッド。最小限のロッド操作で、キレッキレのヒラ打ちを見せてくれるルアーです!(^^)!

流速がある場所で、トゥイッチによるヒラ打ちで誘っていきたい時には鉄板のルアーです。標準フックがシングルバーブレスなので、根掛りなどを気にすることなくピンに打てます。
さて、そんなアレキサンドラを使って釣り上がっていきます。流れが集まり、早瀬を形成しているポイントで何度かチェイスがありました。アップからクロスに変えたところでヒット!!

River Keepers

River Keepers

パーマークが薄い、銀化している個体です。サイズこそ20cm前後ですが、支流の入口付近で釣れたので、本流に下ったら見事な魚になりそうです。

どんどん釣り上がります、草木が生茂るこの時期は、ピンスポットキャストが重要ですよね(*´ω`)
アレキサンドラがまぁ重宝する、シングルバーブレスの恩恵は凄まじいです。
ルアーの性能に助けられ、木が覆いかぶさったポイントに上手く入った瞬間でした!

River Keepers

River Keepers



River Keepers


やはり20cm前後ですが、やたらと体高がありお腹がパンパンの個体でした。この子は結構パーマークがハッキリしていました、居着きの個体なんでしょうか?だとしたら、秋には良い色が出てそうですね!
支流を一通り打ち終え、酒匂川本流へと移動します。

River Keepers

River Keepers

気が付けば、稲は元気に育ち、紫陽花が綺麗な時期になっています。あの自粛生活があったからか、川沿いをただ歩くだけでも良いものです(^.^)/


向かったのは酒匂川本流上流域、鮎師さんがあまりいないポイントです。
流速がある場所に打っていくとヒットしました!

River Keepers

15cm程の個体でした、本流でこのサイズが釣れるのはある意味嬉しいです。稚魚放流だと思いますが、しっかりと生き抜いてくれています。ダメージを与えないよう、写真もそこそこに直ぐにリリースです。
これを最後に終了です、暑い中の午後からの釣りとしては上出来だと思います(*^^*)
「夏山女魚、一里一匹」という言葉もあります、これからはタイミングをみていかないと厳しくなりますね。

Tackle
Rod SOULS EXPLORE TF-E50LS
Reel SHIMANO STELLA C2000SHG
Lure PALMS Alexandra AX-50HW ストリームシャッド

River Keepers

River Keepers